個人事業主《即日振込》カードローン

お金を借りるならどこから借りる?

銀行から借りることが難しい、すぐに資金が必要なとき、個人事業主に頼れるカードローンがあります。上手に利用して事業に活用しましょう。

個人事業主向けのカードローン

銀行ではなかなか融資の申請が通らない…。
こうしている間にもアイデアがどんどんたまっているのに何もできない。

ここが勝負どころ!軍資金がすぐに必要だ。

支払日が翌週に迫っているのに残高がない…。このままじゃ事業が飛ぶ!

あしたたべるものがない…。


そんなあなたに、事業主向けのカードローン"ビジネクスト"があります。

個人事業主専用のカードローンなら『Businext(ビジネクスト)』

ビジネクストは 【個人事業主様および中小企業をサポート】するためのローン会社です。
ビジネクスト事業者専用ローン『Businext(ビジネクスト)』
ビジネクスト

ビジネクストのおすすめポイント★

  • 総量規制の対象外!
  • 融資限度額は最高1000万円(初回契約時は上限500万円)!
  • 担保・保証人は不要!
  • 無担保で繰り返し借入が可能!
実質年率 融資額 保証人・担保 総量規制 申し込み
限度額100万円以上 8.0%〜15.0%
限度額100万円未満 13.0%〜18.0%
1万円〜1000万円(初回500万円) 不要 対象外 お申込みはこちら

ビジネクストを利用するメリットは?

(郵送契約で)来店不要!

ビジネクストのポイント

ビジネクストはお申込みからご契約まで郵送で手続きが可能! 来店は原則不要ですので忙しい事業者にとっては助かります。
40,000名以上の会員数!

ビジネクストのポイント

現在多くの個人事業主・経営者が利用しています。 ビジネクストは事業者専用ローンということもあり、個人事業主・経営者の方から信頼を集めているのです。
保証人・担保不要!

ビジネクストのポイント

法人の場合は代表者様の連帯保証があれば、その他保証人を立てていただく必要はありません。
資金使途自由!

ビジネクストのポイント

どんな使途でも利用できるのがビジネクストのメリットです。 事業資金の範囲内でご自由にご利用いただけます。

資金の調達方法について

大きな資金が必要なとき、どうやって資金を調達すればいいのか。お金を借りるときには注意すべきことがあります。

自己資金を貯める

開業資金は、銀行などの融資を受けることも考えられますが可能な限り自己資金から捻出できると強いです。

開業のための融資を受ける審査の際も、開業資金全体の半分程度は自己資金で用意することを求められる場合があります。

そのためできるかぎりの自己資金を貯めることは絶対に必要です。

自治体や商工会が主導する補助金制度を利用する

借りる、貯める、だけではありません。政府や地方自治体から返済不要の融資が受けられる場合があります。つまりお金が「もらえる」制度があるのです。

利用するためには、様々な条件がありますがしっておいて損はないでしょう。

借金をする

結局はこれしかありません。まとまった資金を準備するためにはお金があるところから借りることが一般的です。

ではどこから借りるか。銀行、日本政策金融公庫などの政府機関、銀行などが運営する消費者金融機関などがあります。

または、親兄弟や友人知人にたよれる場合は良い条件で借入ができるかもしれませんが、トラブルは避けたいものです。

個人事業主、“人には言えない”お金の事情

何かとお金の問題はつきないものです。事業を始めるにあたり必要な資金はどのようなものがあり、どんな苦労があるのでしょうか。

個人事業主にこれからなる人

お金の事情

「個人事業」と書くとなにやら立派に見えますが、紙切れ1枚で開業できるのです。税務署に開業届を記入し提出すれば、あなたは晴れて個人事業主として登録されるのです。

しかし個人事業主として、実際に仕事をして収入を得なければ意味がありません。まずは開業準備に奔走することになるでしょう。

事業内容にもよりますが、商品の仕入れや設備投資が必要である場合が多いでしょうし固定電話の回線を引くだけでもお金がかかります。自宅が事務所を兼ねるとしても家賃やあなたの生活費は自分で稼がなければならないのです。

ですから、これから個人事業主として開業を考えている方は、ある程度まとまった資金が必要だと感じていることでしょう。

開業したばかりの人

お金の事情

開業したばかりのうちは、あなたが事業を始めたことを応援してくれる方も多いでしょう。そういう繋がりから仕事がもらえたり、商品を買ってくれたりするかもしれません。

それはとてもありがたいことですが、新しい顧客を次々と開拓していかなければ将来の見通しが立ちません。多くの人に事業を知ってもらうために広告を出稿したり、効率よく仕事を進めるために追加の設備投資をしたいと感じることもあるでしょう。それを実行するためには、より多くの資金を必要とします。

事業を加速させるために資金が必要な場合は順調と言えるでしょう。しかし、開業当初はうまくいかないことがほとんどなのです。

そのようなときに、日々の支払いや生活費が厳しくなることはめずらしいことではないのです。

これから事業を大きくしたい人

お金の事情

個人事業主として安定してきた頃合いで、スタッフの募集や事務所の移転を考える時期になってきます。自分で生活するだけで大きく稼ぐ必要がないと考えている事業主の方も多いと思います。ですが、税金対策などから法人化を考えることもあります。

個人事業から株式会社化する。スタッフを雇って事業を拡大する。新しいことにチャレンジする。そんなタイミングにまとまった資金が用意できず、スピードが落ちることに地団太を踏む経営者を、私は何人も見てきました。

事業がなんとかうまくいっているといっても、資金をプールしていくことはなかなか難しいことなのです。

資金繰りが追い付かない人

お金の事情

「もうダメだ。首を吊るしかない。」

遺書を書くのはまだ早い。できることはあるはずです。

どうせだめなら、やれることは全部やってください。それがあなたの責任です。

資金を調達する方法はまだあるかもしれません。

即日利用可能なキャッシングをお探しですか?こちらをチェック!

ビジネクストのお申込はこちら

ビジネクスト事業者専用ローン『Businext(ビジネクスト)』
ビジネクスト

ビジネクストのおすすめポイント★

  • 総量規制の対象外!
  • 融資限度額は最高1000万円(初回契約時は上限500万円)!
  • 担保・保証人は不要!
  • 無担保で繰り返し借入が可能!
実質年率 融資額 保証人・担保 総量規制 申し込み
限度額100万円以上 8.0%〜15.0%
限度額100万円未満 13.0%〜18.0%
1万円〜1000万円(初回500万円) 不要 対象外 お申込みはこちら